歯を削る量を少なくする

ダイアグノデントペン

ダイアグノデントペンは、歯面にレーザー光を照射することで虫歯を解析します。
見つけにくい奥歯の溝などに有効です。
今までは、探針という先のとがった器具で診査を行っていましたが、この方法だと歯の内部の虫歯は診査できませんし、器具で歯を痛めることもありました。
しかし、虫歯判別装置ダイアグノデントペンならば、何の痛みもありません。
視診・触診・X線よりも高い確率で虫歯を90%の確率で発見することができます。
虫歯を削る場合、従来歯科医師が決めていましたので削りすぎたり、虫歯の取り残しによる再発などがありましたが、ダイアグノデントペンを使うことにより、何度も確認することができますので、より確実に治療を実践することができます。
また、レーザー光ならお子様や妊婦の方でも安心です。

エアーブレージョン・ストリークレーザー

虫歯治療では、タービンでむし歯は削られていましたので、健康な歯も削ってしまいました。
エアーブレージョンを使用すると、削らないで虫歯を治療することが可能となりました。
アルミナ、重炭酸ナトリウムなどの微粒子を圧搾空気で吹き付けて虫歯を削除したり除去していきます。
しかし、深い虫歯にはむいていないようです。
直接歯に接触する必要がなく、切削器のような音、削る音も振動もありませんので、静かに治療することができます。
注射麻酔も必要ありませんし、痛みもありません。
ストリークレーザーは、感染している部分だけを削ります。
エナメル質や象牙質を変化させ、虫歯になりにくい歯にすることもできるようです。
治療時間も短縮され複雑なポケットへの殺菌・消毒の効果も得ることができます。
痛みもほどんどありません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ